包茎について紹介

日本人男性の中でもかなりの割合で包茎ということなのですが、今回はその包茎の種類はどのようなものがあるのかということについて紹介していきます。

まずは、仮性包茎というものですが、これは包茎の中でも一番多いというところがあります。
皮をむくことが出来る状態ではありますが、基本的には皮を被っている状態になっているのです。
勃起状態になると自然に皮がむけるというところもあるのですが、そのままという人もいます。
これについては皮をむく際の痛みはありません。
これについては無理に手術をする必要はありませんが、常に清潔にしておいた方が病気の予防にもなるでしょう。

真性包茎は包茎の中でも、自分でむくことができない状態のものです。
無理にむこうとすると、痛みが生じることがあるため十分に注意が必要です。
自分で皮の中を洗うことが出来ませんから不潔になる傾向が高いため、病気になるリスクがあります。
このリスクを避けるためには早期の手術をしておきたいところです。

また、カントン包茎や埋没包茎といったものもあります。
カントン包茎はどうにか無理をすれば亀頭を露出させることが出来るものです。
緊急の手術が必要になる可能性もあります。
埋没包茎というのは、ペニスの本体が皮の中に埋もれてしまっている状態のものです。
ペニスが小さく見えてしまうのが特徴的です。

こうした包茎の種類について、このサイトではもう少し詳しく紹介していきます。
包茎についての知識が欲しい方は参考にしてみてください。

Copyright © 2014 包茎の種類 All Rights Reserved.